■授業の目的(到達目標)

絵本作家や編集者達の仕事の苦労や喜びを,実際に制作して感じてみる。
一冊の絵本を完成させることにより,プロへの道の第一歩となるかもしれない自信をつけてほしい。

■授業の計画及び内容
授業の計画 授業の内容
1 オリエンテーリング 手作り絵本の制作を通して子供のための頑丈な絵本の仕組みを学んで欲しい。
たくさんの学生たちの才能溢れる絵やアイデアに触れてほしい。
2 後期のみ専攻の人には個別で授業の進め方を指導する。
絵本とは何ぞや?絵本の歴史と絵本の種類の話等。
紙の種類の話。
絵本の仕組みの話。
前期から継続の人は下絵を本番用の紙に写し取り絵の制作に取りかかる。
3 ミニチュア絵本(文庫本ぐらい)の仕組みと作り方を詳しく説明。
画材の説明。
絵本制作。
4 フリーランスとしての生き方の話。
絵本制作。
5 絵本制作。
6 絵本制作。
7 絵本制作
8 製本についての講義。
絵本制作。
9 絵本制作。
10 絵本本体の製本。
11 具体的な絵本の表紙の作り方の説明をするので,この日までに本体を完成させる。
12 絵本表紙制作。
13 絵本表紙制作。絵本製本完成。
14 絵本完成の締め切り日。講評会。

■事前(事後)学習

たくさんの絵本を見てほしい。

■テキスト

特になし。

■参考書

たくさんの絵本。

■履修者が用意するもの及び要望

定規,カッター,鉛筆,消しゴム,ノート
特殊な画材で制作したい人はそれを用意する。

■成績評価の方法及び基準

出席率50%,作品の評価50%を基準に採点します。
ただし3分の1以上の欠席者は作品の提出はできません。